面接試験を受ける際に重要なのが、入室時と面接がスタートするまでの間にあります。

就職活動における面接の重要性とその対策

最新の投稿

面接での入室時の開始までの対応について

就職活動における面接の重要性とその対策 面接試験を受ける際に重要なのが、入室時と面接がスタートするまでの間にあります。まだ面接内容自体はスタートしていませんが、外見や態度から一般常識のマナーを含めてチェックは始まっています。入室時は緊張しますが深呼吸して、落ち着いて準備するようにすると良いです。名前を呼ばれて面接室へ入る場合は、はいと返事をして次にドアの2回ノックを行います。中から応答が合ってから失礼しますと声をかけて扉を開けます。入室後のドアの締め方ですが、しっかりとドアに向き合って静かに閉めるようにします。中には面接官に対してお尻を向けるのは失礼だと考える人もいますが、扉を後ろ手で閉めるのはマナー違反になるので注意が必要です。

その後椅子の横に立ち、自分の名前と挨拶をします。面接官からどうぞと声を掛けられてから、椅子に座るようにします。この時面接官の席の状況などを確認しておくと良いです。空席があった場合、後から別の面接官が入ってくる予測ができます。後から面接官が入ってきた際は、再度立ちあがって向かえるようにするのが良いです。自然と予測することで立ち上がる動作などがスムーズであれば、面接官側には礼儀正しくマナーのある対応として良い印象を与えることができます。まだ面接らいし内容の話は全く始まってはいませんが、入室から椅子に着席するまで間にも多くの事をチェックされていることを忘れずに対応するよう心掛けることがポイントです。

お役立ちサイト

Copyright (C)2019就職活動における面接の重要性とその対策.All rights reserved.