面接試験を受ける場合には、色々な企業によって会議室だったり小部屋だったりと会場にも違いがあります。

就職活動における面接の重要性とその対策

最新の投稿

面接の際の椅子の座り方について

就職活動における面接の重要性とその対策 面接試験を受ける場合には、色々な企業によって会議室だったり小部屋だったりと会場にも違いがあります。ですが共通していえるのは必ず椅子に座って対面式で行うという点です。そのため面接の際の椅子の座りかたなどを注意しておくことが大切になります。まず椅子に座るタイミングですが、入室後にいきなり座ってしまうのはマナー違反となるでの注意が必要です。入室後椅子の横に立った状態で名前と挨拶を最初に行います。その後面接官側からどうぞおかけくださいと声がかかってから座るようにします。座り方も深く背もたれなどによりかかるような姿勢はせず、背もたれと背中に多少隙間ができる程度に浅めに座ります。

また背筋なども伸ばして座るようにすると良いです。この背筋を伸ばして座る姿勢ですが、普段から座り慣れていないととても疲れてしまします。面接試験は長ければ30分以上かかる場合もあり、ずっと正しい姿勢を取るのは辛いのでその姿勢に慣れるためにも普段から心がけて座るようにしておくと良いです。もし案内され場所が会議室なので、机がある場にいても深く腰掛けることは避けるようにします。また机なども自分と机の間がなくなるほど前に出過ぎずに、すぐに立ち上がれる程度の距離を机との間に開けておくと自然です。

お役立ちサイト

Copyright (C)2019就職活動における面接の重要性とその対策.All rights reserved.